主催

慶應義塾大学医学部 Clinical Anatomy Lab

開催にあたり

日本における医学の進歩は、遠く180年ほど前に遡る適塾から始まるとされている。その源流を受け継いだ慶應義塾大学医学部の解剖学教室にて、脈々と続けられている本髄に3Dテクノロジーを融合したFresh Cadaverによる運動器エコー解剖学セミナーを開催いたします。Fresh CadaverによるIntervention技術の解説から、Cadaverのパーツを用いての解剖実習のコースも準備しております。 運動器エコーの神髄を解剖の原点から習得するプログラムを企画しておりますので実学として明日から診療技術に活用できます。

開催概要

開催日時 2017年7月8日(土)・9日(日)
開催場所 慶應義塾大学解剖学教室
新宿区信濃町35 総合医科学研究棟
参加募集人数 7月8日(土)USガイド下interventionハンズオン(腕神経叢・上肢・下肢) 16名
【満員御礼】お申し込みを締め切らせていただきました。

7月9日(日)Fresh cadaver intervention + Cadaver実習 48名
【満員御礼】お申し込みを締め切らせていただきました。

※医師限定になります。
※両日共お申込希望の方は、お手数をおかけしますがそれぞれご入力ください。

参加費 各コース30,000円
プログラム

【USガイド下interventionハンズオン】
腕神経叢、上肢・下肢末梢神経

【Fresh Cadaver 3D intervention + Cadaver実習 】
肩・肘・手・腰・膝・足
※固定標本になります。

※お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識されてメールが届かない場合があります。その場合は「迷惑メールフォルダー」等を再度ご確認いただくかお使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

・Yahoo!メールをご利用の方はこちらにてご確認ください。
https://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/565/a_id/47528

・Gmailをご利用の方はこちらにてご確認ください。
https://support.google.com/mail/troubleshooter/2935079?rd=1#ts=2935090